2019年05月15日

新卒内定者フォロー教材『フレッシャーズ・コース2020』、5月15日発売!

フレッシャーズ・コース2020.jpg
内定者の不安を期待に変える「内定者フォロー」ツールの決定版
『フレッシャーズ・コース』2020
(ダイヤモンド社)が5月15日発売となり、好評発売中です。

合同企業説明会、個別会社説明会、実質的な選考活動が進んで、6月には採用選考解禁(経団連指針)で内々定が進んでいきます。
その後、内定者フォローの様々な活動も進んでいきます。

■『フレッシャーズコース2020』活用のねらいは、
@社会人への意識転換、
A入社前のスキルアップ、
B内定辞退を防止する相互コミュニケーション、

そして
C入社導入時に研修教材に活用、の4つです。



■5つのメリット
(1)内定期間をきっちりフォロー

 全7巻の構成で、毎月1巻ずつ7か月間、継続した内定者フォローが可能です。
(2)内定者の不安や疑問を解消できる
 内定者の抱えるさまざまな不安や疑問を解消し、入社への期待を高める記事内容です。
(3)雑誌感覚で読みやすい
 著名人のインタビュー記事など充実した内容。図やイラストを多用し、楽しく読める。
(4)双方向コミュニケーションが可能
 コミュニケーション・ペーパーの活用で、内定者と定期的コミュニケーションを図る。
(5)優れたコストパフォーマンス
 1名あたり8,000円〜で長期の内定フォローができます。


■全7巻のテーマと主な登場人物(執筆者)
1「働くことの意味」
青山学院大陸上部 原監督、歌舞伎俳優中村隼人、
 先輩の内定期間こう過ごした(川田工業様社員の方取材記事)
2「社会人としても常識力」作家朝井リヨウ、明治大学教授 齋藤孝、他
3「コミュニケ―ション」
作家津村記久子、法政大学総長田中優子、
 誌上講義『相談力の高め方』弊社代表五十嵐仁執筆、他
4「社会人としての自己管理」ジャーナリスト池上彰、社会起業家小沼
 大地、働く現場(札幌アポロ石油社員の方取材記事)、他
5「働く技術〜自分の頭で考える力村雨辰剛(スウェーデン人の庭師)、他
6「会社の仕組み・仕事の仕組み」小野二郎(すし職人)、他
7「ビジネスマナーハンドブック」挨拶,電話、来客応対、ビジネス文書
+「各巻のコミュニケーションペーパー」
又はリフレクションテスト」(選択、併用も可)


○各巻に「社会人1年目の仕事」で入社1年目社員の体験記
 「私のキャリアマップ」で若手先輩社員の体験記。ご利用
  戴いている道内2社の社員の方も登場しています。



◎フレッシャーズ・コースのご注文、お問い合わせは
  ⇒メールは、こちらから
  ⇒FAXは、こちらから



※スマホ、タブレット、PCで活用できる
『Webフレッシャーズ・コ−ス2020』
も活用できます。

*Web版にはコミュニケーション・ペーパーの管理機能や掲示板、ビジネス文章力トレーング他のスペシャルコンテンツがあります。

是非、貴社の内定者フォローでの活用下さい。内定者研修や来春4月、新入社員導入研修のサブテキストとしても活用できます。

資料請求・お問い合せは、以下までご連絡下さい。
Eメール:info*interface-h.co.jp
(*を@に替えて送信下さい)
電話:011−632−7815(五十嵐)




posted by インタフェース at 09:54| 北海道 ☔| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

TLR(職場活性化サポートシステム)のご案内

TLR.jpg
「健全でよりよい仕事ができる職場づくり」をサポートするWebシステム「TLR(職場活性化サポートシステム)」〔以下TLRと略記します〕がダイヤモンド社からサービス提供を開始しました。

TLRは、職場を活き活きとした場にするために、職場のメンバーが自分たちで活動して、職場を活性化できるように支援するWebシステムです。

特徴は大きく3つあります。

1 職場のメンバーが自ら実践できる「診断型組織開発」
職場の状態を可視化することから改善活動に至るプロセス「診断型組織開発」を職場メンバーが推進できます。

2 組織開発研究第一人者の知見に基づくTLRモデル
TLRは南山大学人文学部心理人間学科教授 中村 和彦氏考案の職場の状態を可視化するための枠組み(TLRモデル)で、職場で起こっている様々なプロセスをTsk・Leadership・relationの3指標(TLR)について職場メンバーの回答から測定します。

3 活き活きとした職場づくりをサポートする4つの機能
様々なサポートをする以下の4つの機能を活用することで、経験の浅いマネージャーでも職場の改善活動の主体者として、無理なく職場の改善活動を実施できます。

@職場状況アンケート機能(診断)
A職場ミーティングの実践と記録機能 
B改善活動のまとめ・報告機能 
Cまとめの社内共有機能


その他のメリットとしては、
1.職場単位で活用できる簡便なWebシステム
 PC、タブレット、スマホから受検(回答)できます。職場単位でのデータ(集計結果と実践記録)活用できます。

2.抜群にコストパフォーマンスが高いサービス
 調査実施から様々なサポートシステムを、受検者一人当たり1,000円というシンプルで他の組織診断と比べて格安な費用で活用できます。

3.組織開発の各種プログラム、マネジメント研修とも連携できる
 データ(集計結果)を活用したリーダーシップ研修や職場開発ワークショップの実施、その他の各種プログラム実施の効果測定にも活用できます。

TLR(Tsk・Leadership・relation)の3指標・7機能の49項目の設問に加えて、オリジナルの設問を20項目設定できます。
さらに把握したい社員の意識調査やESサーベイとしても活用できます。

ご興味・ご関心のある方は遠慮なく、お問合せ・ご相談下さい。


資料送付希望・問い合せは、以下までご連絡下さい。
Eメール:info*interface-h.co.jp
(*を@に替えて送信下さい)
電話:011−632−7815(五十嵐)




posted by インタフェース at 18:59| 北海道 ☔| 人材・組織開発手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする