2020年03月30日

【INTERFACE 人と組織と地域をゆたかに】令和2年3月30日 第95号

==================================================
今日のテーマ:「『全地球的なコロナ禍』 今できること、今だからできること」を考える1

【目次】
1)「コロナ禍の中で、今できることを考えて、できる
 ことをする〜私ども研修・人事組織コンサル会社の現状と
 これから」
(2)「ピンチをチャンスに!〜私たちの会社ができる
 こと、一緒にできることは何か?」
(3)情報提供と提案〜具体的に実施する3つのこと


※コロナ感染での様々な問題に直面して、私が今思うこと。少々長くなりますが、是非お読み下さい。

=================================================

インタフェース五十嵐仁です。

今回は、この全地球的な問題となってしまったコロナ感染が私たちの会社と仕事に及ぼしている現状、その中で考えたこと、そしてその結果今後すること(できること)についてお伝えします。

(1)「コロナ禍の中で、今できることを考えて、できる
 ことをする〜私ども研修・人事組織コンサル会社の現状と
 これから」


さて、1カ月と少し前(2月18日)は、翌19日に道内居住者で4名感染とまだ人数は少なく、増加傾向であるとはいえ、現在ほどの危機感はない状況でした。しかし、その後感染者数が増加して、その10日後(2月28日)北海道では、鈴木知事の緊急事態宣言までに至りました。

研修・人事コンサルの会社である私どもでは、2月は公開セミナーの中止1回のみで、「真・報連相基礎講座」〔2月25日・火〕は、当初6名参加予定にキャンセルが出て総勢(私どもも含め)4名でも実施、またその他予定されていた社内研修は、全員マスク着用で実施されました。

しかし、3月に入り「アンガーマネジメント」&「相談力の活用」講座〔3月10日・火〕は中止。その他の研修もすべて延期又は中止となりました。

その中で、先週3月27日は、20年継続して担当している新入社員研修「ビジネススキル」(1日)が実施され、もう1件も含め3月は2件の研修実施でした。

4月に入ってからの新入社員研修は、2件が中止、他は予定していた3件(社)が実施、新たに1件が例年行っている外部への派遣体験研修が中止となり、代わって1日「報連相」研修を弊社で担当ということになりました。実施する際に、テレビ会議を活用して会場を分散しての開催もあります。

4月後半は、もともと研修が少ない時期です。現時点では予定の延期も、実施予定もありと言う所で、また、5月は、状況を見ながら実施予定というところです。

そんな状況の中でいろいろと考え始めました。そしてできることを決めました(次項(2)に続く)


(2)「ピンチをチャンスに!〜私たちの会社ができる
 こと、一緒にできることは何か?」


この3月は時間ができたので、継続して担当している研修を中心にその内容を見直してさらなる改善・向上(PDCAのCheck&Action)に取組みました。

令和2年度予定研修の様々なテーマに関する本を読む中で、本来の研修のレベルアップという目的とは別に、私どものお客様である「(企業・組織)の経営者・幹部、人事研修担当者」の皆さまが、このコロナ禍(コロナ感染に関わる様々な悪影響・問題)で今何に関心があるか、を考えさせられることがありました。

思い浮かんだことは、やはり一番には、コロナ禍の影響で、特に直接影響のある観光業、飲食サービス業などでは「売り上げ減少、利益の減少・赤字」、間接的な業種でも「取引先の業績悪化によるマイナス影響」、「景気低迷での事業業績の悪化」等です。

その他にも、クライアントの皆さまの事業業績には直接ではなくても、やはり企業活動を継続していくために、人材育成、社員の能力の発揮、組織力の向上のために、私どもの会社は、何ができるかを考えました。

その結果以下の3つのことを今後の取組みテーマとして実施して参ります。

1「WEBセミナー」「オンライン研修・コンサル」の展開
2「オンライン対話ツール」活用での営業活動・相談活動
 への展開
3各クライアント様の直面する課題解決への支援アプローチ


上記1.2.は、私どもの会社の本業、研修や人事コンサルやその営業活動の手段・方法自体のイノベーションです。
そして、これらの手段・方法は、弊社と同様又は類似する専門サービス業にも通じるものだと思います。

上記3.は私どもの会社で行っている「課題解決手法・各種アプローチ」を、クライアントの皆さまが現在直面する現実課題に活用して、解決・前進をサポートすることです。

これまでメインテーマとしている「人材・組織マネジメント」の問題以外の多くの経営課題・事業課題、営業活動についても現実的な対処法として進めていきたいと思っております。


(3)情報提供と提案〜具体的に実施する3つのこと

@いい仕事をするためにメルマガ『新入社員へ仕事の基本と
 上司・先輩の指導支援』(毎日配信)
Aオンライン対話(ネット活用)で「研修・セミナーの効果
 的実施」「人材育成・組織力向上の施策」等の相談
Bオンライン活用による「アクションラーニング」、「解決
 ミーティング」の展開


今回は、@についてご紹介して、かつ本メールマガジン(ブログ)をお読みいただいている皆さまへ3月31日より配信致します。

@いい仕事をするためにメルマガ『新入社員へ仕事の基本と上司・先輩の指導支援』(毎日配信)

現在、私どもの会社の研修・セミナーを受講・参加された方を中心に約300名の皆さまへ配信しているメールマガジン『いい仕事をするために〜学びを活かす、分かち合う』で、『新入社員へ仕事の基本と上司・先輩の指導支援』のテーマで3月末から4月中旬まで、毎日配信(土日を除く)致します。内容は私どもの『インタフェース 人材・組織開発ブログ』でご覧いただけます。

※本ブログ読者(で希望者)の方へも配信させていただきます。
info*interface-h.co.jp *に@を入れて、配信先アドレス、ご氏名を送信下さい。

内容は私どもの会社で実施している新入社員研修での「仕事の基本」から毎回1テーマをお伝えし、そのテーマに関して、上司・先輩(実際にはこのメールマガジンの読者)へ指導支援のポイントを付記します。

新入社員への「仕事の基本」部分は、そのまま新入社員へ転送配信、又はプリントアウトして新人研修や各職場でのOJTで活用して戴いて結構です。

A、Bに関しては、次回(4月2週目以降予定)でご提案も含めてお伝えいたします。





posted by インタフェース at 00:00| 北海道 ☔| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする