2009年12月10日

社員教育計画を立てる際に「助成金」を活用しませんか。

 来年・来年度の社員教育の計画を立てる際に、教育訓練の各種助成金を活用して、人件費・研修費の助成を受けて大幅に研修費を抑えて実施することが可能です(条件によっては研修費を無料にすることができます)。

 主な3つの助成金を下記に述べます。
(1)キャリア形成促進助成金の助成金の活用
  *計画的な研修計画を立てることが前提ですが、最低でも人件費、研修費の
   2分の1以上(中小企業の場合)が助成されます。

(2)有期実習型教育訓練助成金を使って契約社員・パート社員の訓練の実施
  *3ヶ月〜6ヶ月の長期にわたり、OJT(実務についての訓練)をしながら教育訓練
   ができます。訓練対象人数や時間によってはかなり多額の助成を受けることができます。 

(3)売上減(前年比、又は最近3ヶ月比5%以上)の場合、緊急雇用安定助成金の活用
  *全社又は事業所単位で全日また一斉に研修を実施する際に効果的です。
  (教育訓練の場合、賃金の5分4助成)

 弊社はパートナーのABE社労士事務所と提携して、助成金の説明・相談、申請及び教育訓練計画作成コンサルティングまでのサービスを行っております。

 ご関心の方はお問合せ・資料をご請求下さい。
 こちらまで⇒info@interface-h.co.jp
posted by インタフェース at 10:00| ☀ | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック