2020年04月27日

【INTERFACE 人と組織と地域をゆたかに for CEO&CHO】令和2年4月27日 第98号

==================================================
今号の情報提供/テーマ:『人材育成・組織開発・人事制度「三位一体アプローチ」とは』

【今号の目次】
(1)今、できることを始め、できることを継続します
 @情報提供その1『新入社員へ仕事の基本と上司・先輩の
  指導・支援』の配信(4月30日終了)
 A情報提供その2『中長期的人材育成と組織マネジメント
  の取組み』の情報提供(今回開始)
 『人材育成・組織開発・人事制度「三位一体アプローチ」
  とは』
 B「オンライン(ネット)を活用しよう!」〜オンライン
  での相談・対話、セミナー企画

(2)お知らせ
 @今年、皆さまの新人研修へサポートできること
  (社内研修教材)※5月末まで割引キャンぺーン中 
 A成功する採用活動へサポ―トできること
  (WEBテスト、内定者フォロー)


※今号からこのメールマガジンのタイトルを【INTERFACE 人と組織と地域をゆたかに for CEO&CHO】と改めました。
CEO(Chief Exective Officer:最高経営責任者)はよく聞くと思います。CHOとは何かは、こちらへ 

==================================================

インタフェース五十嵐仁です。
「今できること、今だからできること」をお伝えします。

(1)今、できることを始め、できることを継続します

@情報提供その1『新入社員へ仕事の基本と上司・先輩
 の指導・支援』配信
(4月30日終了)

3月31日から配信しました【いい仕事をするために〜学びを活かす、分かち合う】メルマガ、先週の配信内容は以下のブログでお読みいただけます。

4月20日(月)『仕事の学び方その4〜「やってみる」』

4月22日(水)『仕事の学び方その5〜「振り返りをする」』

4月24日(金)『自分のことを、自分は見えない〜フィード
       バックを受ける』



A情報提供その2『中長期的人材育成と組織開発の考え方
 と実践的取組み』


今号より開始します。第1回『人材育成・組織開発・人事制度「三位一体アプローチ」とは1』

人材育成・組織開発・人事制度の『三位一体アプローチ』
とは、
企業・公共団体・病院等人材・組織マネジメントにおける「人材育成・組織開発・人事制度」の3つの分野を相乗効果を上げる様に連動させ、事業成長に結びつけるシステム的で実践的な方法論です。

【よくある人事評価制度の問題点】を以下に7つ挙げます。
あなたの会社はどうですか?

1.何を評価しているのかが不明確〜人の能力・経験か?成果そのものか? 仕事のレベルか?

2.評価者(上司/管理者)によって評価のモノサシ・方法が違う〜個人によるバラつきが大きい

3.上記1・2により被評価者(社員)の公平感が低く、納得感が得られていない

4.結局、社員のモチベーション(動機づけ)につながらない

5.評価が処遇(給与・賞与、昇進・昇格)決定だけに使われ、人材育成には活用されていない

6.評価期間内の評価をするだけで、長期的な社員の育成・成長に結びついてない

7.そもそも評価システムがない、又は形だけで、社長や幹部(人事担当)が決めている


以上の問題点に関して、私どもが思う重要な3つの問題があります。

続きはこちらへ


B「オンライン(ネット)を活用しよう!」〜課題について
 の対話・相談タイム、セミナー企画


前回(4月17日)から今まで、クライアント様、研修受講者の皆様とのオンライン対話・相談はまだ実施していませんが、先週(24日・金)は、私自身2つのオンラインセミナーに参加しました。

「真・報連相講座 オンラインセミナー」(24日・金、14時〜16時半)
日本報連相センター本部主催(全国、北は北海道〜私、から沖縄まで、講師も含めて13名の参加)
詳しくはこちらへ 

「ALコーチのためのOS21入門」(24日・金、19時〜20時半)
日本アクションラーニング協会主催(全国から全員で10名の参加者)
詳しくはこちらへ

・・・とオンラインでのセミナー体験、対話の経験を重ねております。


次回(連休明け配信の予定)では、5月中に1時間半〜2時間程度のオンラインセミナー(無料)開催のご案内をしようと思っております。

前回もお伝えしましたが、基本的には、セミナーはZoom、対話・相談はWhereby使用で対応してまいります。

パソコン・PCカメラ(PC内蔵も有)・ヘッドフォンセットさえご準備いただければ、特にアプリ・ソフトはなくてもオンライン対話ができますので、ご案内の際には、遠慮なくご参加・ご連絡下さい。


(2)お知らせ

@今年、皆さまの新人研修へサポートできること
 (社内研修教材)


今年4月の新入社員研修では、入社式の中止や分散開催、オンラインでの実施。
また、自宅待機して、その後直接配属先で入社する等で、集合研修を実施できなかったり、実施しても十分な時間が取れない企業様が多いという現状です。

集合研修で実施することのできなかった内容について、個人別教材での個人別学習や社内(職場内)研修で活用する等の手段があります。

弊社ではダイヤモンド社人材開発部門の社内研修(個人学習)ツールをご提供できます。
5月末までは割引キャンペーン中です。新入社員教材割引セット・2021inf.pdf(←クリック)もご覧下さい。

詳しくは、こちらのサイトをご覧下さい。

特に新入社員の基本マナー等の教材『新入社員必携マナー&コミュニケーション』がお勧め致します。


A成功する採用活動へサポ―トできること(WEBテスト、
 内定者フォロー)


各企業の採用活動では、現在、個別の説明会等で実質の第一次選考も行われています。
採用選考にも、スマホやタブレットを活用してオンライン面接を実施又は試みる企業様も増えてきています。

同時に、採用選考試験(適性検査など)のネット化(WEB対応)も増加しております。
弊社でもダイヤモンド社のWEBテストのサービスを提供しております(問合せはこちら)。

長期化する内定期間のフォロー、また入社前の意識づけや動機づけのためにダイヤモンド社の内定者フォロー『フレッシャーズコース』が、道内の各企業でも効果的に活用されてきております。

『フレッシャーズコース2021』にご関心をもたれましたら、ご案内ブログ(こちら)をご覧下さい。


資料請求やお問合せは、こちら又は info@interface-h.co.jp 宛 メールでご連絡下さい。




posted by インタフェース at 09:42| 北海道 ☔| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする