2018年09月03日

新卒内定者フォロー教材『フレッシャーズ・コース』2019ご紹介

内定者の不安を期待に変える「内定者フォロー」ツールの
決定版『フレッシャーズ・コース』2019(ダイヤモンド社)の紹介です。

FC2019パンフ写真.JPG来月には、各社で内定式を行い内定通知を渡して、承諾書を取り交わし、いよいよ、来春3月までに内定者フォローの時期となります。

内定者フォローの具体策としては
@アルバイトや社内見学(工場、店舗、職場等)や内定者研修・フォローアップ面談の直接的フォロー、
A社史、社内報の送付や社内行事やイベント、役員や社員、また内定者同士の懇親会への参加のフォロー、
B通信教育、課題図書のレポート、新聞、雑誌の購読の間接的フォロー、等があります。

今回ご紹介の『フレッシャーズ・コース』は上記のBの間接的フォローで有効な教材です。

■活用のねらいは、入社前の不安を期待と意欲へ変えるため@社会人への意識転換、
A入社前のスキルアップ、
B内定辞退を防止する相互コミュニケーション、

そして
C入社導入時に研修教材に活用、の4つです。



■メリット(特徴)としては、以下の5つ
(1)内定期間をきっちりフォロー

全7巻の構成で、毎月1巻ずつ7か月間、継続した内定者フォローが可能です。
(2)内定者の不安や疑問を解消できる
 内定者の抱えるさまざまな不安や疑問を解消し、入社への期待を高める記事内容です。
(3)雑誌感覚で読みやすい
 著名人のインタビュー記事など充実した内容。図やイラストを多用しており、楽しく読み進めることができます。
(4)双方向コミュニケーションが可能
 コミュニケーション・ペーパーのやり取りで、定期的に内定者とコミュニケーションが図れます。
(5)優れたコストパフォーマンス
 1名あたり8,000円〜で長期の内定フォローを実現します。

※スマホ、タブレット、PCで活用できる
『Webフレッシャーズ・コ−ス2019』
も活用できます。

*Web版にはコミュニケーション・ペーパーの管理機能や掲示板、ビジネス文章力トレーング他のスペシャルコンテンツがあります。


■全7巻のテーマと主な登場人物(執筆者)
1「働くことの意味」
青山学院大陸上部 原監督、他
2「社会人としても常識力」作家朝井リヨウ、明治大学教授 齋藤孝、他
3「コミュニ―ション」
大久保佳代子(芸人),弊社代表五十嵐仁誌上講義執筆
4「社会人としての自己管理」草刈正雄(俳優)、池上彰
5「働く技術〜自分の頭で考える力女性経営者(二代目、創業者)
6「会社の仕組み・仕事の仕組み」
小野二郎(すし職人)
7「ビジネスマナーハンドブック」挨拶,電話、来客応対、ビジネス文書
+8「各巻のコミュニケーションペーパー」

○各巻に「社会人1年目の仕事」で入社1年目社員の体験記
 「私のキャリアマップ」で若手先輩社員の体験記


是非、貴社の内定者フォローでの活用をご検討下さい。

資料送付希望・問い合せは、以下までご連絡下さい。
Eメール:info*interface-h.co.jp
(*を@に替えて送信下さい)
電話:011−632−7815(五十嵐)

posted by インタフェース at 22:42| 北海道 ☔| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」4月28日発売

弊社代表五十嵐仁の著書「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」が4月28日発売されました。

本書は、一人以上のメンバー(部下、後輩)を持つ職場のリーダーのために書かれた本です。職場リーダーに必要なメンバーとの信頼関係作り、指導育成、仕事の情報共有化のためのコミュニケーションスキルを具体的に述べています。

こちら(Amazon)から、購入できます。

目次の章立てを以下に紹介します。


はじめに
第1章 部下や後輩育成に役立つ3つの手法と7つの基本スキル
 〜カウンセリング・ティーチング・コーチングの基本
第2章 部下・後輩、上司とも「話が通じる」関係になるための7つのスキル
 〜相互に話ができ、意味と気持ちが通じる「カウンセリング」
第3章 部下・後輩が「知る・分かる」から「できる」になるための11のスキル
 〜教えて、できる部下にするための「ティーチング」
第4章 部下・後輩が自分で考え、行動するメンバーになるための14のスキル
〜解決・学び支援のための対話コミュニケーション「コーチング」
第5章 部下・後輩から報告・連絡・相談を受けた際のポジティブ対応12のスキル
 〜職場の報連相(情報の共有化)を深めるために
第6章 部下・メンバーのモチベ―ションを高める職場づくり7つのスキル(方法)
 〜職場の風土とチーム力を高め「自分で考え、行動する人」を増やす
第7章 職場のリーダーとして実践するコミュニケーションスキル
 〜学んだスキルを職場で実践するために

話しの聴き方「カウンセリング」だけ、質問をして育てる「コーチング」だけというのではなく、実践的に役立つように著者が研修で伝え、実習している内容を整理しています。
そして、第7章で、職場リーダーとしてのあなたに一番役立つ61番目のスキルを見つけて下さい。

管理者、リーダーの社内研修のテキスト、社外セミナー・研修受講後のフォローの自己学習にも役立つ本です。

全国の書店、アマゾン・楽天ブックス他ネット書店では4月28日から発売中です。



posted by インタフェース at 10:45| 北海道 ☔| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

平成30年の新年度スタート〜会社は20期になりました。

平成30年の新年度がスタートしました。
私どもの会社は20年目(20期)に入りました。

平成30年1月のブログで、今年の3つのテーマとして、
1つ目は「相談力」
2つ目は「リーダーのコミュニケーション」
3つ目は「相手視点に立った真のホスピタリティ」
を挙げました。

それぞれ、具体的なこれまでの取組みと実績を上げると、以下の通りです。

1つ目の「相談力」は、昨年4月に「相談力活用テキスト」(第1版)を作成して、私が担当する「報連相」や「相談力」研修に活用しています。
また、昨年11月より「開発こうほう」誌で、コラム『組織における相談力を活かす』を掲載しております。

2つ目の「リーダーのコミュニケーション」については、『リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル』のタイトルで、今月下旬に著書を出版します。

3つ目の「相手視点の真のホスピタリティ」については取締役五十嵐知美の領域です。
4年前から担当している函館商工会議所主催セミナーで、今年も『接客サービスブラッシュアップ講座・即実践編』を担当します。


今年に入ってこの3カ月で、その他の具体的な取り組み課題として、
➀個人の育成(研修)と共に
A組織として人材育成・成長に役立つ仕組みづくり(いわゆる人事制度も含めて)と
B組織風土の活性化の3つを同時並行して展開する「三位一体アプローチ」を提示しました。


具体的には「今から、ここから、私から」で『三位一体アプローチ』カテゴリーで展開して行きます。

これまでの20年間の経験と知見を基にして、今後の10年間取り組むテーマとして前進してまいります。


posted by インタフェース at 22:24| 北海道 ☔| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

2018年(平成30年)本日1月4日から仕事始めです。

新年あけましておめでとうございます。
弊社は本日1月4日より仕事始めです。

本年もよろしくお願い申し上げます。
新年のご挨拶は、後ほど改めて申し上げます。

株式会社インタフェース 五十嵐 仁
posted by インタフェース at 09:22| 北海道 ☔| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

Newアクションラーニング実践コース 説明体験会(無料)ご案内【11月29日】

2018年1月より開催の第8期「Newアクションラーニング(AL)実践コース」の説明体験会を【11月29日(水)】に開催致します。


「アクションラーニング(質問会議)」とは
■現実の問題をグループで検討、解決策を立案し、実践・行動する過程の中で、参加する個人の学習する力を飛躍的に向上させ、チーム力を開発するチーム学習と問題解決の手法です。
『質問中心ミーティング(質問会議)』によりチームで行動計画を作成し、その実践【アクション】結果とプロセスの振り返りを通して、様々な気づきや学び【ラーニング】を深めていきます。

「Newアクションラーニング(AL)実践コース」では、質問会議にプラスして『戦略行動の11指針』により、戦略(ビジョン)策定とその実現を図る計画を作成します。


アクションラーニング実践コース・体験説明会
〈プレセッション〉実施ご案内

日 時:平成29年11月29日(水) 13:30〜17:00
※11月18日(土)は終了しました。

場 所:株式会社インタフェース ミーティングルーム
  札幌市中央区北2条西26丁目2−18 26WESTビル2F

内 容:「アクションラーニング」体験セッションと
     実践コースのご紹介

   *参加申込された方へ事前資料・シート、会場案内図
    を送付いたします。
参加費:無料
参加定員:6名様迄
(定員になり次第締め切ります) 


詳細ご案内、参加申し込みは以下をご覧下さい。
AL実践コース・プレセッションのご案内(29年11月).pdf

posted by インタフェース at 21:44| 北海道 ☔| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

Newアクションラーニング実践コース 説明体験会(無料)ご案内【11月】

2018年1月より開催の第8期「Newアクションラーニング(AL)実践コース」の説明体験会を【11月18日(土)・29日(水)】に開催致します。


「アクションラーニング(質問会議)」とは
■現実の問題をグループで検討、解決策を立案し、実践・行動する過程の中で、参加する個人の学習する力を飛躍的に向上させ、チーム力を開発するチーム学習と問題解決の手法です。
『質問中心ミーティング(質問会議)』によりチームで行動計画を作成し、その実践【アクション】結果とプロセスの振り返りを通して、様々な気づきや学び【ラーニング】を深めていきます。

「Newアクションラーニング(AL)実践コース」では、質問会議にプラスして『戦略行動の11指針』により、戦略(ビジョン)策定とその実現を図る計画を作成します。


アクションラーニング実践コース・体験説明会
〈プレセッション〉実施ご案内

日 時:平成29年➀11月18日(土) 13:00〜16:30
         ➁11月29日(水) 13:30〜17:00

場 所:株式会社インタフェース ミーティングルーム

  札幌市中央区北2条西26丁目2−18 26WESTビル2F

内 容:「アクションラーニング」体験セッションと
     実践コースのご紹介

   *参加申込された方へ事前資料・シート、会場案内図
    を送付いたします。
参加費:無料
参加定員:6名様迄
(定員になり次第締め切ります) 


詳細ご案内、参加申し込みは以下をご覧下さい。
AL実践コース・プレセッションのご案内(29年11月).pdf



posted by インタフェース at 21:58| 北海道 ☔| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

新卒内定者フォロー教材『フレッシャーズ・コース』2018ご紹介

内定者の不安を期待に変える「内定者フォロー」ツールの
決定版『フレッシャーズ・コース』2018(ダイヤモンド社)の紹介です。

IMG_20170918_192018.JPG来月には、各社で内定式を行い内定通知を渡して、承諾書を取り交わし、いよいよ、来春3月までに内定者フォローの時期となります。

内定者フォローの具体策としては、
@アルバイトや社内見学(工場、店舗、職場等)や内定者研修・フォローアップ面談等の直接的フォロー、
A社史、社内報の送付や社内行事やイベント、役員や社員、また内定者同士の懇親会などへの参加のフォロー、
B通信教育、課題図書のレポート、新聞、雑誌の購読、等の間接的フォロー、等があります。

今回ご紹介の『フレッシャーズ・コース』は上記のBの間接的フォローで有効な教材です。

■活用のねらいは、入社前の不安を期待と意欲へ変えるため@社会人への意識転換、A入社前のスキルアップ、
B内定辞退を防止する相互コミュニケーション、
そして
C入社導入時に研修教材に活用、の4つです。


■メリット(特徴)としては、以下の5つ
(1)内定期間をきっちりフォロー

全7巻の構成で、毎月1巻ずつ7か月間、継続した内定者フォローが可能です。
(2)内定者の不安や疑問を解消できる
 内定者の抱えるさまざまな不安や疑問を解消し、入社への期待を高める記事内容です。
(3)雑誌感覚で読みやすい
 著名人のインタビュー記事など充実した内容。図やイラストを多用しており、楽しく読み進めることができます。
(4)双方向コミュニケーションが可能
 コミュニケーション・ペーパーのやり取りで、定期的に内定者とコミュニケーションが図れます。
(5)優れたコストパフォーマンス
 1名あたり8,000円〜で長期の内定フォローを実現します。

■全7巻のテーマと主な登場人物(執筆者)
1「働くことの意味」
青山学院大陸上部 原監督、他
2「社会人としても常識力」作家朝井リヨウ、明治大学教授 齋藤孝、他
3「コミュニ―ション」
大久保佳代子(芸人)、弊社代表五十嵐仁誌上講義執筆
4「社会人としての自己管理」池上彰、岸見一郎(アドラー心理学)
5「働く技術〜自分の頭で考える力女性経営者(二代目、創業者)
6「会社の仕組み・仕事の仕組み」
小野二郎(すし職人)
7「ビジネスマナーハンドブック」
+8「各巻のコミュニケーションペーパー」


○各巻に「社会人1年目の仕事」で入社1年目社員の体験記
 「私のキャリアマップ」で若手先輩社員の体験記

2018年版には「ネッツトヨタ道都」(札幌市)の8年目女性社員も登場!

資料送付希望・問い合せは、以下まで
Eメール:info*interface-h.co.jp
(*を@に替えて送信下さい)
電話:011−632−7815(五十嵐)

posted by インタフェース at 19:32| 北海道 ☔| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

新卒内定者フォロー教材『フレッシャーズ・コース』2018ご紹介

内定者の不安を期待に変える「内定者フォロー」ツールの
決定版『フレッシャーズ・コース』2018(ダイヤモンド社)の紹介です。

現在、採用活動で、説明会、エントリーシートの提出、一次面接などの選考へ進んでいると思います。今後、実質の内定(内々定)を出し、自社への入社の意志決定、さらに入社式までに向かう中、その後も内定者のフォローは、採用活動を成功させる重要な課題となります。

内定者フォローの具体策としては、
@アルバイトや社内見学(工場、店舗、職場等)や内定者研修・フォローアップ面談等の直接的フォロー、
A社史、社内報の送付や社内行事やイベント、役員や社員、また内定者同士の懇親会などへの参加のフォロー、
B通信教育、課題図書のレポート、新聞、雑誌の購読、等の間接的フォロー、等があります。

今回ご紹介の『フレッシャーズ・コース』は上記のBの間接的フォローで有効な教材です。

■活用のねらいは、入社前の不安を期待と意欲へ変えるため@社会人への意識転換、A入社前のスキルアップ、
B内定辞退を防止する相互コミュニケーション、
そして
C入社導入時に研修教材に活用、の4つです。


■メリット(特徴)としては、以下の5つ
(1)内定期間をきっちりフォロー

全7巻の構成で、毎月1巻ずつ7か月間、継続した内定者フォローが可能です。
(2)内定者の不安や疑問を解消できる
 内定者の抱えるさまざまな不安や疑問を解消し、入社への期待を高める記事内容です。
(3)雑誌感覚で読みやすい
 著名人のインタビュー記事など充実した内容。図やイラストを多用しており、楽しく読み進めることができます。
(4)双方向コミュニケーションが可能
 コミュニケーション・ペーパーのやり取りで、定期的に内定者とコミュニケーションが図れます。
(5)優れたコストパフォーマンス
 1名あたり8,000円〜で長期の内定フォローを実現します。

■全7巻のテーマと主な登場人物(執筆者)
1「働くことの意味」
青山学院大陸上部 原監督、他
2「社会人としても常識力」作家朝井リヨウ、明治大学教授 齋藤孝、他
3「コミュニ―ション」
大久保佳代子(芸人)、弊社代表五十嵐仁誌上講義執筆
4「社会人としての自己管理」池上彰、岸見一郎(アドラー心理学)
5「働く技術〜自分の頭で考える力女性経営者(二代目、創業者)
6「会社の仕組み・仕事の仕組み」
小野二郎(すし職人)
7「ビジネスマナーハンドブック」
+8「各巻のコミュニケーションペーパー」


○各巻に「社会人1年目の仕事」で入社1年目社員の体験記
 「私のキャリアマップ」で若手先輩社員の体験記

2018年版には「ネッツトヨタ道都」(札幌市)の8年目女性社員も登場!

資料送付希望・問い合せは、以下まで
Eメール:info*interface-h.co.jp
(*を@に替えて送信下さい)
電話:011−632−7815(五十嵐)

posted by インタフェース at 10:52| 北海道 ☔ | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

2017年(平成29年)年初のご挨拶

2017年の年初にあたりご挨拶申し上げます。

今年(新年度、弊社は19期になります)は、これまでの
「人と組織と地域をゆたかに」の理念のもとにさらに具体的な
3つのテーマでの研修と社内実践フォローを進めてまいります。

1つ目のテーマとしては「相談」。

社員、職員がその個々の持つ力を発揮するために
報告・連絡・相談の中でも、自発的・主体的な『相談』ができる
人材となるための『相談力』。
相談力のセミナー、研修の企画実施に力を入れてまいります。


正月の箱根駅伝で三連覇を果たした青山学院大・原晋監督
の「管理職の仕事は管理ではない」は、私どもの考える
「相談マネジメント」ともいえるものです(お時間のある時に以下
ご高覧下さい)。
青学・原監督『管理職の仕事は管理ではない』(東洋経済オンライン)http://toyokeizai.net/articles/-/151440

マネジメントは、「その使えるリソースを最大限に活用して目標
達成を図る一切の働きかけ」と研修でいつもお伝えしておりますが、人材(社員、職員)と言うリソースを最大限発揮させるるのがこの「相談」の最大活用かと思います。


2つ目は、「会議」。

昨年ある技術系の会社で「社内会議を効果的にする研修」を
行いました(『会議変革研修』)。
その後、実際に変わり始めています。
現実課題の解決を進める「アクションラーニング(質問会議)」
目指すゴールにたどり着くための「解決会議」を活用します。


3つ目は「報告・連絡・相談による組織の情報の共有化」。

1つ目の「相談力」の前提が、原監督も述べている「報告」です。
そして「連絡」も重要な意味を持つのです。
言葉で「報連相」が大切だと言うだけの幹部、管理者、社員ではなくその本質を掴み職場で実践できるリーダーを育成し、かつ全員で進められる仕組み・風土づくりが必要です。
『真・報連相』


少々長くなりましたが、この3つの具体的なテーマで
この1年も、少しでも多くの
「人がその持つ脳力を最大限に発揮し、
組織がその目指す使命・目的の実現に前進し、
地域社会(北海道)が物心両面で豊かになること」
に役立つ企業として一歩ずつ歩んでまいります。

株式会社インタフェース  
代表取締役 五十嵐 仁   
取締役 五十嵐 知美

■詳細につきましては、弊社サイト・ブログ、fbページまた、
メールマガジンで情報提供申し上げます。
●いつでも遠慮なくお問合せ・ご相談下さい。



posted by インタフェース at 16:13| 北海道 ☔ | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

第10回日本報連相センター全国大会開催のご案内

9月8日(木)・9日(土)京都で「第10回日本報連相センター全国大会」が開催されます。

日本報連相センターは、リクルートのトレーナーであった糸藤正士氏が創案した「真・報連相」研修を主唱して、「互恵の精神」で個人と組織、社会のコミュニケーションのOSとして「報連相」を日本から世界へ普及していくネットワークです。
私も、今年は8回目以来1年ぶりで参加します。

第10回大会のメインは、「真・報連相」の創案者であり、日本報連相センター初代代表の糸藤正士氏の公開セミナー記録映像を基にして「真・報連相」セミナーの考え方と進め方を深めていきます。ご本人の解説もあります。

事例発表は4テーマあり、私も発表する予定です。
私のテーマは「真・報連相」の中の「相談」に焦点を当てて「相談力」のセミナー構想と実際のセミナー事例発表です。

****************************************************************

開催要領

【名称】 第10回 日本報連相センター 全国大会
【日時】 2016年9月8日(木)、9月9日(金)
           両日共10:00〜16:30
【会場】 メルパルク京都 

        京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13
        http://www.mielparque.jp/kyt/access.htm
【主催】 一般社団日本報連相センター(NHC)
【会費】 参加費(2日間の全国大会のみ)1万8千円(税込)
    (全国大会と懇親会も含めて参加)2万3千円(税込)

 詳細・申込みは⇒こちらへ

**************************************************************************
posted by インタフェース at 17:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

北海道女性会議〜ウーマンズ・カフェ5th〔11月5日・土〕ご案内

平成28年11月5日(土)に『第5回北海道女性会議〜Woman’s Cafe5th』を開催致します。
土曜日の午後半日、気軽に参加できる女性だけの「講演と交流、懇親」の会です。7年前に初回開催し、今回は3年ぶりで第5回目の開催となります。


ILM19097.JPG ◆何か少しでも変えたいな
◆今より一歩前に進みたいなあ
◆新しい何かをしたいなあ
◆刺激を受け、新しい友達をつくりたいな

と思っている女性が集まって、さらに一歩進めるキッカケの話を聞き、語りあい、飲んで食べて楽しく交流する場です。     

 主宰 五十嵐 知美(潟Cンタフェース 取締役)


実施概要***************************************************
第5回北海道女性会議 Woman’s Cafe5th

日 時:2016年11月5日(土) 13(受付)開始 18時終了

講 演:『自分の壁をつくらない!
      〜出会いをいかしたチャレンジ人生』 
 講師/安藤 ゆかり 氏
(講師プロフィールご参照)

交流会:グループで、対話とワークセッション
       『どんな縁をつくり、どう活かしますか』
 進行役/潟Cンタフェース代表取締役 五十嵐 仁
(黒一点)

懇親会:ディナービュフェで、懇親・交流を深めましょう!
    
場 所:ネストホテル札幌駅前
参加定員/50名
参加費/6,000円(税込)、講演会費・交流会費・懇親会費
      (ビュフェ、飲み放題付)すべて込み 
     
◆詳細のご案内は⇒こちらから(クリック) 
 お申込は⇒こちらから(クリック)

**************************************************************
◇講師プロフィール 安藤 ゆかり 氏
企業再建・承継コンサルタント協同組合経営企画室長
ソニー株式会社入社。株式会社リクルートへ転職。在籍中にリクルート事件が起こり、社内の様々なリスクマネジメントを学ぶ。その後株式会社リクルートコスモスに移り、不動産業を学ぶ。
不動産コンサルティングの草分けである株式会社アセットパートナーズの設立パートナーとして設立から関わる。2001年6月企業再建協議会(現CRC)の発足に参画。同年2001年11月企業再建コンサルタント協同組合(CRCA)を設立。組合員になり、多くの企業再建及び事業承継事案に携わる。最近は、中小企業のM&Aのアドバイザーとして年に5件以上関わっており、事業譲渡・業務提携のビジネスマッチング・再建請負人の人材登用に力を入れている。ゲーム会社の執行役員でもある。
プライベートでは、夫・長男20代後半マスコミ、長女20代前中国向け事業運営の4人家族。長女の中国進出に力を注ぐ単なる親バカ。趣味はスポーツジムで汗を流すこと。
********************************************************

◇問合せ・申込先:株式会社インタフェース内 北海道女性会議事務局 五十嵐 知美
        札幌市中央区北2条西26丁目2−18 26WESTビル2F
          電話/011−632−7815 FAX/011−632−7816
          Eメール/info*interface-h.co.jp (*を@にして送信下さい)

posted by インタフェース at 13:18| 北海道 ☔ | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

「平成28年度新入社員研修公開講座」(4月4日/札幌市)開催のご案内

平成28年度「新入社員研修公開講座」を4月4日(月)に札幌市で開催いたします。

 新入社員として会社に入って仕事に取り組むには、まず学生から社会人へと意識を切り替えることと共に、会社の代表としての役割・責任を理解することが大切です。
 
 本研修では、ビジネスマナー・社会人の基本について、その具体的行動・スキルを1日で集中して学びます
 特に、何のためにそうするのかという意味や目的をしっかり理解してもらう事で、実践度を高めます
 さらに、仕事のすすめ方の基本・自己成長するための考え方を講義だけではなく、実習や体験ワーク等の参加型形式で進めて「知る・分かる」だけでなく、「気づく・できる」へ深めます
 1名から参加でき、少人数グループで指導します。


【実施概要】
研修日時:平成28年4月4日(月)9時30分開始 17時終了

会 場 :会議・研修施設 ACU(アキュ) 1204研修室

     〒060-0004 札幌市中央区南4条西5丁目 アスティ45ビル 12階
     (JR札幌駅から徒歩5分 札幌駅地下街直結)

対象者 :平成28年入社新入社員

定 員 :1クラス 20名 
 *1名様から参加できます。
    *定員を超えた場合には、2クラス:2トレーナーで実施致します。

受講料 :20,000円(消費税別)
      *上記料金には、テキスト代・お弁当代が含まれています

担当講師:五十嵐 知美 〔株式会社インタフェース取締役〕


【講師プロフィール:大手証券会社にて、事務・営業・窓口業務や証券レディ管理業務等を担当。1999年4月に株式会社インタフェース設立、取締役に就任。主な専門分野として、リーダー研修、コミュニケーション研修、女性管理職研修、真報連相研修、接客サービス研修、新入社員研修等。他に、日本報連相センター会員。北海道教育大学岩見沢校非常勤講師「ビジネス実務」担当。北海道女性会議主宰。】

研修についてのお問い合わせは⇒こちら

詳細の研修プログラム・申込書は⇒平成28年度新入社員研修【公開講座】ご案内.pdf



posted by インタフェース at 22:29| 北海道 ☔ | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

『人と組織のマネジメントを考える』〔開発こうほう誌、連載〕

一般財団法人北海道開発協会の「開発こうほう」誌の11月号から、「人とマネジメントを考える」というタイトルで、隔月刊、時々2か月隔で原稿が掲載されています。

11月号は『優秀な人材ってどんな人?』(開発こうほうのホームページ)でご覧になれます。

新年1月号には『優秀な人材の確保をどうするか?』のテーマ(開発こうほうのホームページ)でご覧になれます。

それとは別に、「北海道カタログ」という連載が面白いので、是非ご覧になってみてください。

10月号は、『政界地図で見る日本の位置と北海道』です。

11月号は、『地図で見る北海道の大きさ、広さ!』です。

12月号は、『北海道で遭遇する動物たちと私たちの生活!』です。

posted by インタフェース at 22:00| 北海道 ☔ | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

ストレスチェックを『D−WAT』で積極的に活用しませんか

平成12年12月1日から施行の『改正労働安全衛生法』のストレスチェック制度を積極的に活用するためのサービスのご案内です。

皆さまの会社では既にご準備を進めていらっしゃいますか。労働者が「常時50名以上」の全事業場(法人・個人)において、実施義務があります。

ストレスチェック制度の目的は、労働者のストレスを把握し、労働者自身のストレスへの気付きを促すこと。もう一つは、職場改善につなげ、働きやすい職場作りを推進することによって、労働者がメンタルヘルス不調になることを未然に防止すること(一次予防)の2つを主な目的としています。

さらに、企業のメンタルヘルスケアの組織的な取り組みの中にこの制度をとりいれることで、メンタルヘルス不調の未然防止から、従業員のストレス状況の改善、働きやすい職場の実現を通じて生産性の向上を目指すこともできます。

厚生労働省はストレスチェックの標準的な項目(57項目)を示しています。しかしながら、この57項目では個人要因(同じストレスを受けても個人の認知の仕方によりストレスの感じ方が違うこと)が考慮されていません。

ダイヤモンド社のストレスチェックサービス「D-WAT」を活用いただければ、標準57項目では把握できない、個人の「ストレスに対する受け止め方」の特徴が明らかになることで、有益な情報提供・分析が可能となります。

弊社潟Cンタフェースは札幌市を中心に、北海道内の各事業所を対象にD−WATによるストレスチェックサービスを提供してまいります。

ご案内のパンフレットを送付致します。是非お問合せください。(下記サイト問合せページ又はメールアドレス宛)

http://interface-h.co.jp/cgi-bin/acform/access.html
又は
info*interface-h.co.jp(*を@と置き換えて送信下さい)

posted by インタフェース at 18:29| 北海道 ☔ | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

インタフェースHPをリニューアルしました〜「会議変革研修」


弊社株式会社インタフェースのサイトを一部リニューアル(追加)しました。主な内容としては
『会議変革研修』のページを加えました。【いいね!お願いします】

これまで、現実の課題解決研修のプログラムとして実施していた「アクションラーニング(質問会議)」、「ソリューションミーティング(解決会議)」と課題解決の話合いを見える形で進める「見える会議」という3つの課題解決ミーティングを柱にしています。


現在の社内の会議を見直して、目的の明確化から始めて社内会議変革の企画提案コンサルティングも行っていきます。
ご関心ある方は是非お問合せ下さい。

posted by インタフェース at 22:05| 北海道 ☔ | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

『女性のための管理者育成・応援セミナー(テルウェル東日本主催)』開催ご案内

平成27年2月に開催される『女性のための管理者育成・応援セミナー』弊社取締役五十嵐知美が講師を務めます。

『女性のための管理者育成・応援セミナー』は、企業でますます活躍が期待される女性の管理職として現在活躍されている方、そして今後管理者、リーダーの役割を担う方を対象にして、その為に必要なマネジメントスキルを習得するセミナーです。

目的と主な内容は
➀これまでの自己のキャリア(仕事経験)をふり返り、強みの発見とその活用
➁マネジメントスキルの基本となる「コミュニケーションスキル」の向上
➂リーダーの果たすべき4つの役割(仕事の管理と目標の明確化・職場での情報の共有化・創意工夫と問題発見力・部下育成)の理解・習得

です。

【セミナー概要】
 日時:2015年2月19日(木)14:00〜18:00(終了後交流会あり)
         2月20日(金)9:00〜17:00

 
 場所:テルウェル東日本株式会社 北海道支店
    札幌市中央区北4条西16丁目1 テルウェル札幌第一ビル
 

 対象者:女性管理者、その候補者、女性リーダーとして期待される方

 講師:株式会社インタフェース 取締役 五十嵐知美

 受講料:35,000円(消費税別)
 
カリキュラム内容詳細は下記をクリック願います。
【女性管理者育成】コースガイド.ppt
お申し込み書は下記をクリックしてダウンロードして下さい。
女性のための管理者育成・応援セミナー

 
posted by インタフェース at 13:39| 北海道 ☔ | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

『女性のための管理者育成・応援セミナー(テルウェル東日本主催)』開催ご案内

平成27年2月に開催される『女性のための管理者育成・応援セミナー』弊社取締役五十嵐知美が講師を務めます。

『女性のための管理者育成・応援セミナー』は、企業でますます活躍が期待される女性の管理職として現在活躍されている方、そして今後管理者、リーダーの役割を担う方を対象にして、その為に必要なマネジメントスキルを習得するセミナーです。

目的と主な内容は、➀これまでの自己のキャリア(仕事経験)をふり返り、強みの発見とその活用、➁マネジメントスキルの基本となる「コミュニケーションスキル」の向上、➂リーダーの果たすべき4つの役割(仕事の管理と目標の明確化・職場での情報の共有化・創意工夫と問題発見力・部下育成)の理解・習得です。

【セミナー概要】
 日時:2015年2月19日(木)14:00〜18:00(終了後交流会あり)
         2月20日(金)9:00〜17:00

 
 場所:テルウェル東日本株式会社 北海道支店
    札幌市中央区北4条西16丁目1 テルウェル札幌第一ビル
 

 対象者:女性管理者、その候補者、女性リーダーとして期待される方

 講師:株式会社インタフェース 取締役 五十嵐知美

 受講料:35,000円(消費税別)
 
カリキュラム内容詳細は下記をクリック願います。
【女性管理者育成】コースガイド.ppt
お申し込み書は下記をクリックしてダウンロードして下さい。
女性のための管理者育成・応援セミナー

 
posted by インタフェース at 22:05| 北海道 ☔ | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

第12回中核リーダー育成セミナー(10月27日・28日)ご案内

ILM28016.JPG弊社主催の第12回中核リーダー育成セミナー
『変革の時代におけるリーダーの能力開発』を10月に開催いたします。

研修の実施内容は下記の通りです。

研修日程:平成26年10月27日(月)・28日(火)の1泊2日
研修会場:かんぽの宿小樽 北海道小樽市朝里川温泉2-670
     *札幌からバスで送迎あります
参加対象者:企業、団体の中堅社員、リーダー、若手管理監督者クラス
      (主に30代〜40歳前後)
参加定員:18名(定員になり次第締め切ります)


例年、異なる業種・職種の30歳代を中心とした会社、職場の中核リーダー同士の新しい出会いをつくり、交流を深めています。職場や仕事の中核社員、リーダー、マネージャーとしてのモチベーションアップとスキルアップ、自己研鑽を図る格好の場です。

最新の課題解決とチーム学習の手法「アクションラーニング」実践セッションや解決志向によるコーチングのスキルアップ、自社のプレゼンテーションなど、リーダーとしてのレベルアップに最適な機会です。

10月のセミナー終了後もフォローアップ(メーリングリスト・グループ掲示板やフォローアップ1日研修〔平成27年1月末頃実施予定〕)のプログラムも用意されております。

詳細の内容・申込については、こちらへ

次代のリーダー育成のために本セミナーをご活用いただきますよう、
ご参加をお待ちしております。
posted by インタフェース at 10:28| 北海道 ☔ | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

弊社(株式会社インタフェース)HPに「女性社員研修」の頁を追加

弊社(株式会社インタフェース)HPに「女性社員研修」の頁を追加しました。

『女性管理職研修プログラム』と『女性社員研修(若手・中堅社員)プログラム』を提示しております。

政府もあらゆる分野で女性が占める割合を2020年迄に30%に、というビジョン『202030』を打ち出しています。企業においても、女性の活躍、管理職の比率を高めることが、新卒採用を成功させる上でも重要な戦略の一つとなります。
女性社員のリーダー育成について、いつでもご相談下さい。

posted by インタフェース at 21:08| 北海道 ☔ | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

2014年第7期『アクションラーニング実践コース』開催ご案内

2014年第7期「アクションラーニング実践コース」を開催いたします。

「アクションラーニング実践コース」は、
 事業経営・仕事のビジョン(目的・目標)と戦略を確立し、チーム脳を活用する手法、「質問会議」(アクションラーニング)により、目標設定・行動計画作成とその実践・振り返りのサイクルを回していきます。
 そのプロセスを通して、自ら行動を起こし、組織や周囲の人を動かし、そのビジョンを実現させるリーダーへと自己成長を目指すプログラムです。

主な対象者は、@企業経営者、経営幹部(役員、事業部長クラス)、A経営の後継者(2代目など)・次世代リーダー、B事業拠点長(支社長、事業所長、工場長)、C起業家・独立志望の方、等です。

以上のメンバーで構成した5、6名の1チームで、9ヶ月の間、現実の課題解決に取り組みます。
各人の掲げる事業ビジョンや目的を実現するリーダーとしての問題解決能力を高め、同時に成果を上げるチームづくりを学びます。

■本コースの実施概要
●会合日程と内容 毎月1回原則土曜日又は日曜日(9時30分〜17時)全員参加の日程を調整します。
 第1回会合(平成26年6月の土曜日開始予定)AL実践コースのオリエンテーションと初回セッション
 「アクションラーニング(質問会議)の理論と実践」
 「質問会議の実践(ミーティングセッション)」(全員)
 第2回会合「振り返り(実践報告とリフレクション)」、「様々な質問のスキル」
 「質問会議セッション」(全員)
 第3回以降 毎月1回土曜日(又は日曜日)で継続。
●上記セッション(会合)の他に3回のコーチングセッションを実施します。

●会合場所:株式会社インタフェース ミーティングルーム
 札幌市中央区北2条西26丁目2−18 26WESTビル2F
●参加定員:1コース6名迄(最少催行人員5名)
 *定員が一杯の場合には次回スタートのコースに参加となります。
●参加費(期間9か月):12万円(消費税別)
 *全6回の会合費とコーチングセッション費、メーリングリスト費、等を含みます。

■問合せ・申込先
 株式会社インタフェース(五十嵐宛)
 Eメール/info@interface-h.co.jp 電話/011−632−7815

※第7期アクションラーニング実践コースの参加ご案内は、こちら からご覧下さい。

posted by インタフェース at 14:31| 北海道 ☔ | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする